とりアートメイン事業「八賢伝」は10月16日(日)の公演を直前に控え、仕込みや場当たり等仕上げに熱が入っているところです。
「八賢伝」について、その歴史、倉吉市と里見忠義氏との関係や公演の雰囲気などが伝わるようなリンクを紹介します。

■「八賢伝」の歴史を感じる
鳥取県中部総合事務所のホームページ内の「鳥取県ちゅうぶ観光ナビ 」に「八賢士特集」が掲載されており、物語のモデルとなった、里見忠義とその家臣の倉吉に国替えとなった後の足跡をたどっています。

八賢士特集へのリンクLink

■公演の雰囲気を感じる
鳥取県中部の「あるく・みる・たべる」時間が愉しくなる情報を発信している、「情報誌"tetete"(てーてってー)」の編集部ブログに八賢伝の稽古場の取材記事が掲載されています。原作台本・出演の尾上貴尉さん、脚本・演出の大和屋かほるさんのインタビューも載っており、制作についての思いや公演の見所などを知ることがができます。

情報誌"tetete"編集部ブログへのリンクLink

情報誌"tetete"ホームページへのリンクLink

また、鳥取県文化振興財団の事業ブログでも「八賢伝」に関する記事が掲載されております。

「衣装パレード1」へリンクLink
「衣装パレード2」へリンクLink
「~八賢伝~ 最終調整段階へ!!」へリンクLink
「稽古の様子」へリンクLink
  
あと、今年度初めて作りました「とりアート」のPR動画です。冒頭部分に八賢伝の紹介があります。

公演も迫り、S席は完売(ご購入ありがとうございました。)、空席も残りわずかとなって参りました。皆様の感動を呼ぶことは間違いありません。ぜひお買い求めいただきますようお願いします。

【公演情報】
 [公演日時]10月16日(日) 開場15:15 開演16:00 終演(予定)17:30
 [会  場]倉吉未来中心大ホール
 [原作台本]尾上貴尉
 [脚本・演出]大和屋かほる
 [音楽監督・作曲・編曲・出演]門脇大輔
 [出  演]石笠勇太(三朝町)、入江 正美(三朝町)、岩垣 孝樹(米子市)、織田 光(湯梨浜町)、尾上 貴尉(倉吉市)、
       金田 正喜(日南町)、南場 直人(北栄町)、前田 由文(倉吉市)、山根孝(倉吉市)、権田 朋子(境港市)、
       田中 晶子(大山町)、森田 貴子(湯梨浜町) 客演:岡田 力、風太郎(兵庫県立ピッコロ劇団)ほか
【チケット情報】
 (チケット)発売中!4枚以上の同時購入割引がお得です。
  ◆一般 A席 2,000円(1,500円)
  ◆高校生以下 1,000円(A席)
  ◆自由席(3階席)800円
  ※(  )内料金は4名様以上グループ割引価格
  ※未就学児入場不可
  ※S席のチケットは完売いたしました。お買い求めいただきありがとうございました。

【チケット等お問合せ先】
  倉吉未来中心 電話0858-23-5391

八賢伝チラシ画像
八賢伝チラシ画像


— posted by admin at 08:54 am