こんにちは! とりアート事務局です。
 1月26日から新生とりアートの委員大・大・大募集を開始しております。(※募集内容はこちらのURLからご覧ください)
 http://www.artsfriend.com/toriart/index.php?view=5397Link Link
 とりアートの各部会等でどんなことができるのか、わかりにくいというお問いあわせにお答えするため、ここで紹介していきます。
 
 今回はとりアートの顔“メイン事業部会”(上)です

 【メイン事業部会 上】
 メイン事業って何でしょう?
 それは、県内文化芸術活動者が協働する、大規模な舞台作品等です。
 まだまだわかりにくいですね。過去の例として、今年度は倉吉未来中心大ホールで上演した「八賢伝」や、過去にはこんな作品があります。

  ■八賢伝の事業報告(PDFファイル)
   http://www.artsfriend.com/toriart/upload/user/00002838-zAJ5wQ.pdfLink Link   
  
  ■これまでのメイン事業の作品(平成18年度以降)
   H18 平成の芝居小屋「朝日座」
   H19 「倉吉・ダブルストーリー~淀屋と八賢士の世界~」
   H20 「ロマン街道・とっとり」
        第一部:音劇「夢のあと-因幡合戦記-」
        第二部:鳥取池田家復曲能「千引」
            ・復曲狂言「茄子」
   H21 「新・朝日座」
         新歌舞伎「名和長年」ほか

 「この作品、とりアートだったのか?」と思われた方も多いのでは?

 こういった、質の高い文化芸術事業を2年間かけてじっくり企画していただくのですが、詳しくは次号でお話しします。

八賢伝公演の様子
H23年度メイン事業「八賢伝」公演の様子


— posted by admin at 04:18 pm